ロマン主義!圧倒的競馬予想ブログ☆

このブログでは競馬に関する情報や競走馬の血統背景、レースの予想をメインに書いていきたいと思います。

【競馬予想】京都新聞杯を圧倒的に予想

メイクデビューの敗北から一夜。

気持ちをリフレッシュし未勝利戦に望む馬単の虜です。

 

 

さて今日は近年はダービーにもつながっているG2【京都新聞杯】!!

キズナ、サトノラーゼン、トーセンホマレボシ等ディープインパクト産駒が絶対的に相性がいいレースですが今年は出走しておりません。

 

 

◎サトノクロニクル

◯サトノリュウガ

▲ダノンディスタンス

△インヴィクタ

△ゴールドハット

✕ハギノアレス

 

 

人気が荒れているので万馬券も狙える組み合わせも多いと想います。

◎サトノクロニクル

池江厩舎(過去2勝)、冠名サトノ、サトノラーゼンの半弟。いかにもこの京都新聞杯を勝つために生まれてきたような馬(笑)京都新聞杯は例年早い上がりを出せる馬が上位に来ているのでクロニクルを本命に

 

◯サトノリュウガ

またサトノ!でも今年のサトノは当たり年だと認めざるを得ません。今年のハービンジャー産駒はG1でも走るし母父ディープインパクトの本馬はエアウィンザーにも勝ち切るスピードも備えている。京都2勝と相性もよし。

 

▲ダノンディスタンス

ルーラーシップ産駒。まだ産駒の傾向が掴めていないが、この馬の母アゲヒバリが好きな馬なので…とはいえベストアプローチを倒していたりと油断できない1頭。

 

△インヴィクタ

京都長距離で実績のあるハービンジャー産駒。なんといっても厩舎コメントにあった『まだ緩さがあってスパッとキレない』これは京都では不安な要素。

 

△ゴールドハット

2走前の勝ち方が気持ちよくて印象に残っている馬。父ハットトリック、マイルしか走っていないと距離不安は残るものの能力は高く思える1頭。

 

✕ハギノアレス

ハーツクライ産駒の距離延長は買い。正しくその公式に当てはまる馬。2000以上でパフォーマンスが上がりそのまま成長しているような調教。穴で怖い1頭。

 

 

買い目:馬単

③⑤→②③④⑤⑥⑦

 

皆さん参考あれ〜